Brand Story

ブランドストーリー
  • 幸せへと導くメッセージジュエリー「SIENA-シエナ‐」

    シエナが一番大切にしているもの。
    それは、人の温かいものを感じる真心。
    人は、完璧でないからこそ愛おしい。
    その愛すべき“いびつさ”を、人のぬくもりとして
    デザインに込めました。

  • シエナの由来

    SIENA(シエナ)という名前は、イタリアのシエナという美しい町に由来します。
    イタリア・ミラノで開催されていた展示会に参加したあと、数日足をのばしたのがこの町でした。そこには都会的で研ぎ澄まされたものとは違う美しさがありました。気取らない、温かみのあるゆっくりとした時間が流れ、安らぎや心地よさで包まれてました。

    “ シエナがくれた気持ちをモノづくりで表現したい ”
    この想いをカタチにしたブランドになりました。

    優しさをまとったジュエリーが、
    身につける人を幸福へと導く鍵となることを願って…。

  • 想い

    宝石が輝きを与えてくれるだけでなく、そのひと自身の魅力が引き出されることを願ってシエナのジュエリーは作られています。

    日々の生活のふとした瞬間に、言葉にはできない“ 何か ”温かいものを感じることがあります。 それは、だれかが微笑んだ瞬間や、自分を大切に想ってくれている人に、見守られ支えられていることに気付いたときに感じる“何か”目には見えない人と人との愛情のある繫がりです。

    そんな瞬間が重なることで温かな時間と安らぎが生まれ、人生や心はより豊かに満ち足りていくものと私たちは考えています。「 人が最も美しいのは、温かさに満ちたその人らしさが現れた時 」と感じる私たちは、その人らしさをふと思い出せるような、身に着ける方に寄り添うジュエリーを提案しています。

  • 質感とバランス

    シエナならではの質感とデザインの融合。温もり感じる質感は、色あせません。

    素材のもつ魅力や個性を活かし、削って、叩いて、思い描いた理想のカタチへ近づけていきます。熟練した職人が手間を惜しむことなくかけ、出来上がるジュエリーの原型。次はそこに地金を入れ、リングを作る「製品」の工程。地金は磨きすぎないように磨くのが特徴です。

    ただ金属を流し込み、磨くだけでは、出せない味を出すため、手の感覚だけを頼りに、時間をかけ慎重に仕上げていきます。微妙に異なる質感に細やかな微調整を加え、ジュエリーは完成します。
    ジャパニーズクオリティのハンドメイドジュエリー
    シエナのジュエリーはすべて国内の職人が一つ一つ丁寧に仕上げています。
    ニュアンスを大切にした温かみあふれるジュエリーは繊細な職人技によって支えられています。

Page Top