クラシカルなエンゲージリングのご紹介

肌馴染みのいいクラシカルデザインのエンゲージリング。台座の高さやダイヤの留めかたにもこだわり、日常でも抵抗感なくつけれるようデザインされています。

 

上から

【永遠】

永遠と幸せの象徴、八角形に抱かれる大粒のダイヤが絶えることのない深い愛情を意味している。

【照らす】

愛情という輝きに、本質が照らされる。互いが照らしあい、見えてくる個性。そのすべてが愛おしい。

【調和】

互いの輝きが調和し一つの光になった時、最も美しく輝き、幸せの輪を描く。

【ひろがり】

中心に大きく輝くダイヤと周りに敷き詰められたメレダイヤ。沢山の愛が溢れ出し、広がる様を表したリング。広がり、繋がる沢山の絆は、人生をより素晴らしいものにしてくれる。

【はじまり】

中央にあしらった、大粒のダイヤは種。二人でまいた種からはじまる喜びの物語。全てはここから。

 

”調和”はアームと石枠が選べるデザインなので、写真のようにツートンでのオーダーが可能です。センターダイヤを囲むようにメレダイヤが施されており華やかな印象です。石座に高さがないので優しい着け心地です。

 

写真奥から”ひろがり”、”照らす”。石座の側面の透かしから、光を取り込みダイヤをいっそう輝かせます。

 

センターダイヤモンドを包み込むような石枠が特徴的な”永遠”(写真左)、”はじまり”(写真右)。ダイヤを留めているツメに高さがないので日常生活でも身につけやすいデザインです。

 

特別な贈りものだから細部にまでこだわり出来上がったエンゲージリング。贈るかた、贈られるかたに優しく寄り添い、温もり溢れるデザインとメッセージが込められています。店頭にはその他にもさまざまなデザインのエンゲージをご用意しておりますので、お気に入りのリングを探してみてください。

 

BLOG TOP