自宅で簡単ケア!ジュエリーの洗い方

ケア前のリング。ぬるま湯洗いでどこまで綺麗になるのでしょうか?以前ご紹介させて頂いた 『おうちで簡単にできる、ジュエリーのお手入れ&保管方法 』。今回はその中でも、定期的に汚れをリセットするための ぬるま湯洗い について、詳しくご紹介いたします。

 

ふだんの布拭きで落としきれない汚れには【ぬるま湯洗い】が有効!「くすんできたかな…?」と思ったら、【ぬるま湯洗い】のタイミングです。素材によっては水や洗剤がNGのものもあるので、素材別の注意点もしっかり押さえて、大切なジュエリーを自宅でケアしましょう♪

 

 

line_2

用意するもの

line_2用意するもの

◆ 綺麗にしたいジュエリー
◆ 中性洗剤(おしゃれ着用洗剤、台所用洗剤など)
◆ ぬるま湯をはった容器(金属製は避ける)
◆ 柔らかい筆(メイク用ブラシなど)
◆ 柔らかい布

 

 

 

line_2ぬるま湯洗いの方法

line_2ぬるま湯洗いの方法

① 容器に35℃くらいのぬるま湯をはり、少量の中性洗剤を溶かしたら、ジュエリーをしばらく浸して汚れを浮かせます。
②指の腹や柔らかいブラシで、表面の汚れをやさしく落とします。
③ ぬるま湯をとりかえて、洗剤が残らないようにしっかりとすすぎます。
④ 柔らかい布で素早く水気をふき取ります。

 

 

【POINT1】 必ず容器を用意!洗面台で直に洗うと、ジュエリーを排水溝に落としてしまうことも…。
【POINT2】 細かな装飾部分やネックチェーンの穴は柔らかいブラシでこするとGOOD。
【POINT3】 水気の残ったまま放置はNG!酸化や変色しないよう、必ず柔らかい布で拭きとってください。

 

 

上記のポイントを押さえれば、細かな装飾の隙間もピカピカに!自宅ケアでも、ここまで綺麗にすることが出来ます♪ぬるま湯洗いの前後でこんなに差が!

 

 

line_2

ぬるま湯洗い OK・NG の素材

line_2

ぬるま湯洗いOK

ぬるま湯洗いOKの素材

・ゴールド、プラチナなどの地金

・ダイヤモンド、ルビー、サファイアなど硬度の高い宝石

・シトリン・トパーズ・ペリドット・アメシストなど。(基本は布拭きで手入れし、汚れがひどい時だけぬるま湯洗いしてください。)

 

 

 

ぬるま湯洗いNG

ぬるま湯洗いNGの素材

・パール、さんご、べっ甲、象牙、琥珀など有機物の宝石

・エメラルド、オパール、ターコイズ、ラピスラズリ、マラカイト

 

エメラルドは、そのほとんどがオイル処理されているため、水や洗剤はNGです。その他の宝石も繊細なため、なるべく水洗いは避け、布拭きの際も強くこすらずやさしく包み込むようにして拭いてください。定期的に専門店でお手入れしてもらうのがベストです。

 

 

line_2

超音波洗浄器NGの素材

line_2

エメラルドやオパールはもろい性質があり、超音波洗浄器は厳禁です。水洗いできる宝石でも、ペリドットなどは超音波洗浄器だと割れてしまう可能性があります。

 

 

 

以上、自宅でも簡単にできる【ぬるま湯洗い】の方法と、素材別の注意点でした!

【ぬるま湯洗い】は普段の布拭き以上にジュエリーを綺麗にしてくれるので、「なんだか今日はうまくいかないな…」なんていう時の気分転換にもおすすめです♪

もしお手入れ方法に悩まれたら、お気軽に店頭スタッフにおたずねくださいね。

BLOG TOP